有田焼手塩皿AntennArtセレクト10枚セット

直径11センチ以内の小皿を、おてしょ皿(手塩皿)と呼びます。
京都・朝廷の食卓で、手元に塩を盛る器として使われたということから、手塩皿(おてしょ皿)と名付けられたと言われています。
江戸時代に有田にて数多く作られたおてしょ皿。
有田焼創業400年を迎えた2016年、『伊万里・有田焼 手塩皿collection創出プロジェクト』により復刻されたコレクションの中から選んだ、AntennArtお勧めの10枚セットです。


知る・愉しむ「日本の器」のレッスンではこのように使いました。
おてしょ皿に魅せられて


金額 15,700円(税抜)
数量

ご注意ください

弊社では、商品発送の際は基本的にリサイクル段ボール、リサイクル緩衝材を使わせて頂いております。
大変申し訳ございませんが、ギフト梱包でのご利用はしばらくの間、対応を致しません。ギフトでのご利用は来年度よりスタートさせて頂きます。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

当社の商品は、なるべく在庫確保に努めておりますが、メーカーや窯元から取り寄せの物も多くございます。
ご注文頂いた場合でも、一ヶ月から数ヶ月お待ち頂く場合もございます。
お急ぎの場合は、「お問い合わせ」より必ず納期の確認をしてからのご注文をお願い申し上げます。

商品により、画像と全く同じものがお届け出来ない旨、ご理解下さい。特に陶器、漆器に関しては、一つ一つ手作りの物が多く、気温や焼成温度により「貫入」「ひび」「色むら」等一つ一つに違いがある物が多くある事をご了承下さい。

ご利用のブラウザーやモニターの環境により、色の出方に違いがございます。また撮影時の光の状態で、実際の商品とは色に違いが出る事もございます。
予めご了承下さいませ。

AntennArt(アンテナート)では、和食器を中心にテーブルコーディネーターがセレクトした普段使いの器や、特別な時の器をご紹介しています。
ホームパーティ等で参考になる、テーブルコーディネートでの器の使い方や、和食器の利用法についてもお伝えしております。
日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートという手段で応援し、伝統的な和食文化を残し伝える事を目的に運営しております。

Page Top